群馬県の産業廃棄物収集運搬許可(新規・更新)、変更届は専門の高崎行政書士事務所にご相談ください。

 
産廃の処理責任は、原則、排出事業者にあります。
 
 
たとえば、建設現場で生じた産廃の排出事業者は、元請業者(注文者、施主から直接工事を依頼された業者)になります。
 
 
元請業者が自社で産廃を処理出来ない場合は、許可を持つ業者(収集運搬業者、処分業者)に委託しなくてはなりません。
 

 

産廃の処理は・・・
 

・原則、排出事業者が行う(許可は不要)
 
・排出事業者が自社で処理しない場合、産廃許可を持つ業者に委託

 
 
つまり、元請業者が廃プラスチックやがれきなどの産廃を運ぶ場合は、収集運搬の許可は必要ありません。
 
 
ですが、多くの元請業者は自社で産廃の処理をせず、下請の解体・土木業者等に委託しています。そのため、解体・土木業者が収集運搬許可を取得するケースが多いです。