群馬県の産業廃棄物収集運搬許可(積替え・保管なし)は専門の高崎行政書士事務所にご相談ください。

このサイトは群馬県での産廃収集運搬業許可申請について解説しています。そのため、他の都道府県では取り扱いが異なる場合がありますので、必ず申請窓口や行政書士事務所等に確認をしてください。

「経理的基礎の審査」って何?

 
今年も赤字かぁ・・・。
 
 
借金の返済やその他の支払いに追われてお金が回らない・・・。
 
 
残念ながら、こういった業者に行政は簡単に産廃の許可を出してくれません。
 
 
というのも、金銭的に余裕のない業者は、処分にかかる費用や手間を惜しんで産廃を不法投棄してしまう危険性があるからです。
 
 
そういった経営基盤の弱い業者でないかチェックすることを「経理的基礎の審査」と言います。
 

具体的には?

 
税金の滞納の有無や直近3年の決算書をもとに審査されます。
 
 
税金の滞納の有無については次の書類を申請書に添付します。
 

・申請者が個人の場合・・・『所得税の納税証明書(その1)』
 
・申請者が法人(会社など)の場合・・・『法人税の納税証明書(その1)』

 

※申請日前3ヶ月以内に発行されたもの

 
申請者が法人の場合は、上記の他に直近3年分の決算書を添付します。
 
ただし、新設法人など決算を一度もしていない会社は添付を省略できます。
 

決算書とは・・・貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、個別注記表

 

こんな場合は要注意!

 
・3期連続赤字または直近期が債務超過の場合

 

『今後5年間の収支改善計画書』が追加で必要になります。

 

 

3期連続赤字及び直近期が債務超過の場合

 

『中小企業診断士が作成した経営診断書』が追加で必要になります。

 

 

「赤字」 とは、損益計算書の税引前損失のことを言い、『債務超過』とは、貸借対照表の純資産の部がマイナスであることを言います。

 
 
このような場合に上記の書類が提出できない、または改善の見込みがないと判断されると不許可になってしまいます。